大阪周辺の注文住宅、建替え、リフォームなら、東洋インダストリー株式会社【東洋グループ】にお任せください

TOYO Industry Ltd. 東洋インダストリー株式会社
HOME HOME > よくある質問
住まいに関するQ&A
住まいに関するよくある質問よくある質問Q&A新築よくある質問Q&Aリフォームよくある質問Q&A住まいの知恵袋
仮住まいや工事中の家財が心配です

・最低限の持ち物で仮住まいを快適に。

仮住まいをする場合、日常的に必要な衣類、雑貨などを運び込むことになりますが、家具や季節物の衣類、祭事用品などはどこか別の場所に保管してもらった方がよいでしょう。短期間でも荷物を保管してくれるトランクルームのサービスを利用するのも方法です。しかし、リフォームを機にこの際、不必要なものを処分してみてはどうでしょう。一つ一つに思い出がこもっているものを捨ててしまうのは惜しい気もしますが、せっかく生まれ変わったわが家、限られた空間をモノで溢れさせるのは考えものです。特別なものを除き、捨てられるものは思い切って捨ててみてはいかがでしょうか。

・当社では仮住まいのご提供と家財の一時預かりを無料で行っております。

仮住まいが必要となった場合、通常は借家を探すことになります。しかし時間的な余裕も限られ、また予算など条件の合うところを探すのは容易ではありません。敷金や礼金が不要で、1日、1週間、1ヵ月の単位で借りられるウイークリーマンションが経済的ですが、東洋ではお客さまの便宜を考え、工事中の仮住まいを無料でご提供しております。さらに、大切な家財の保管も心配ご無用。無料で一時預かりいたします。
仮住まい、トランクルームは、当社ビルに2部屋、お荷物をお預かり頂けるお部屋を別途ご用意いたしております。
どうぞ、お気軽にご相談ください。
仮住まい、お荷物お預かりサービス仮住まいの間取り
PAGETOP
住宅金融支援機構・フラット35について

・こちらのサイトからご確認いただけます。
 住宅金融支援機構サイト フラット35


PAGETOP
税制改正について
■住宅を新築または新築住宅を取得した場合(住宅借入金等特別控除)
 住宅借入金等特別控除とは、居住者が住宅ローン等を利用して、マイホームの新築、取得又は増改築等(以下「取得等」といいます。)をし、平成29年12月31日までに自己の居住の用に供した場合で一定の要件を満たす場合において、その取得等に係る住宅ローン等の年末残高の合計額等を基として計算した金額を、居住の用に供した年分以後の各年分の所得税額から控除するものです。

 詳細はこちら
 国税庁 > 住宅を新築または新築住宅を取得した場合(住宅借入金等特別控除)
●直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

 平成24年1月1日から平成26年12月31日までの間に、父母や祖父母などの直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた受贈者が、贈与を受けた年の翌年3月15日までにその住宅取得等資金を自己の居住の用に供する一定の家屋の新築若しくは取得又は一定の増改築等の対価に充てて新築若しくは取得又は増改築等をし、その家屋を同日までに自己の居住の用に供したとき又は同日後遅滞なく自己の居住の用に供することが確実であると見込まれるときには、住宅取得等資金のうち一定金額について贈与税が非課税となります(以下、「非課税の特例」といいます。)。

 詳細はこちら
 国税庁 > 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

PAGETOP
構造・工法について

・構造は建物の主要な骨組み(躯体)部分の材質の種類によって分けられますが、工法は建てる方法であり一般住宅では以下の工法が代表的です。

  木  造
鉄 骨
鉄筋
コンクリート造
工法種類
木造軸組工法
2×4工法
(枠組壁工法)
鉄骨軸組
在来工法
一体壁式
在来工法
特徴 2×4
構造上の特徴 柱や梁で支えるため、その位置を適切なものにすると同時に、筋かいや補強金物で接合を強固にすることが必要 断面寸法2インチ×4インチの基本材で枠組みを作り、それに構造用合板を張ってパネル化し耐力壁を構成 重量鉄骨とコンクリートパネルないし軽量気泡コンクリート板(ALC板)の組み合わせのために優れた強度を発揮 鉄筋で骨組みを作り、それにコンクリートを流し込んで構造体を構成。耐火・耐久性等に優れている
様式・プラン上の特徴 日本の伝統的な工法で和風に最適。開口部が大きくとれ設計の自由度も高く、増改築にも対応しやすい 北米で発達・普及した工法で日本では1974年頃から本格的に導入。洋風住宅向き 店舗併用の中層住宅とか市街地住宅に適しており、プランも多層化されたゾーン分離型が多い 洋風住宅向き。プランの自由度は高いといえるが、耐力壁で支えるため、開口部をあまり広くはとれない
外装・内装仕上げ上の特徴 柱の面を表に出さない洋風仕上げの大壁造と、表に出す和風仕上げの真壁造の使い分けができる 枠組壁自体が内・外部の主要な壁構造材になっているため、簡略化した下地工事で仕上げることが可能 洋風仕上げになり、あまり複雑な仕様にしないのが一般的で、仕上げの工程も単純化されている 斬新で個性的な都市型住宅に仕上げることができる。外装・内装仕上げはシンプルなものが多い
デザイン
和・洋
洋・和
洋(モダン)
変形敷地
3階建